ダイエットの盲点・意外と知られていないハイカロリー食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

口当たりのよい食べ物はハイカロリーと気づかずに食べている!?

やせるために有効な食品を取り上げる前に、みなさん、意外と知らぬ間にハイカロリーの食べ物を口にしているんです。指摘されて初めて、「え〜っ!? そんなにカロリー高かったの?」と。これを知ったとたんに、意識するようになるんですね。さぁ、ここで意識を改めましょう。

まず代表的な食べ物が、甘じょっぱくておいしい、いなり寿司。1個あたり約120〜150kcalもあります。スパゲティーのカルボナーラが700〜800kcal。これに粉チーズをたっぷりふりかければ、さらにカロリーアップ。パスタはトマト系、オイル系のシーフードやきのこ類だと600kcal程度にダウンできます。

また、子どもたちも大好きなオムライスが700〜800kcal。夏になると食べたくなる冷やし中華はさっぱり風味であっても、約530〜600kcal。冷たい食べ物は油分を感じにくいので、カロリーが高いと気づきにくいのです。

そのほか、パンもカロリーは高め。6枚切りの食パンが1枚につき約170kcal。これにジャムやバター、マーガリンをぬればあっという間に200kcalをオーバー。ベーグル、フランスパンになると、100gで280kcal。クロワッサンは450kcalとさらにカロリーは高くなっていきます。

パンに比べて、ごはんのほうが太るイメージはありますが、お茶碗一膳分のカロリーは約180〜200kcal。腹持ちがよく、血糖値の上昇の点でも、ごはんのほうがダイエットには向いています。もちろん食べる量とおかずの組み合わせも肝心ですよ。

おすすめの記事