栄養バランスを考えて、置き換えダイエットに頼りすぎない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一時的な効果を狙う目的で利用したい!

「置き換えダイエット」は、1日3回取る食事のうち1、2回分をダイエット食に置き換えてやせる方法です。1食あたりのカロリーが50〜200kcalとローカロリーのダイエット食は、非常に手軽で便利。ふつうの食事をダイエット食に換えることで、1日の摂取カロリーが抑えられるメリットが人気を呼んでいます。

特にパーティーや水着のシーズンなど、やせなくてはいけない目的がある場合、手っ取り早い。置き換えダイエットでカロリーを抑制すれば、それなりの減量効果も期待できます。ただ、その目安は1週間で2、3キロ程度。それ以上を短期で落とすことは非常にリスキー。

まず、ダイエット食品にはたくさんの種類があります。1食、あるいは2食をこれらの食品に換えるわけですから、栄養バランスのよいものを選ばないと健康を害します。しかも、毎日同じダイエット食を取るうちに、味に飽きがきます。それが、ストレスを蓄積させることにもつながるのです。

また、短期でやせる効果だけを狙うと、リバウンドも早く起きます。置き換えする際は、1日の栄養バランスを考えて行なうようにすることが大切でうs。さらに、これを長期的に継続することは決して望ましいものではありません。やせるためのきっかけづくりとして利用しても、その方法でどんどんやせていこうと思うのは安易な考え方です。

おすすめの記事