食べる時間帯にもやせの法則が!?注意したい食事の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜10時過ぎの食事は脂肪がつきやすい!!

1日の食事量が同じであっても、食べる時間によって体脂肪のつき方は異なります。体内に脂肪を蓄える、BMAL1(ビーマル1)と呼ばれるタンパク質があるのをご存知でしょうか。本来の役割は体内でタンパク質を合成し、体内時計を調節する働きがありますが、難点であるのが脂肪を蓄積させる点。

このBMAL1は、時間帯によって生成される量が違ってきます。もっとも生成量が多い時間が22時〜2時。もっとも少ないのが15時。つまり1日のうちで夜の10時過ぎ以降、深夜に及ぶ食事は脂肪がつきやすいのです。できるだけ19時〜20時の間に夕飯を済ませるのが理想です。

だからといって、仕事柄、その時間帯にきっちり毎日食事を取れない人もいますよね。その場合心がけたいのが、カロリー控えめの食事。夜は代謝が鈍るので、ローカロリーで胃に負担のかからないもの。野菜を中心とした食事がおすすめです。肉は赤身のもの、魚は白身のものを選ぶなど、脂質の少ない食材を蒸す、焼く、煮るなどの調理で食べるようにしましょう。

また、接待や人との付き合いで高カロリーな食事を堪能した翌日は、あっさりとしたヘルシーフードを選ぶなど、自分なりに調整していくことも大事。できることから始めて、意識改革をしていくだけでも、やせる体質は作られていきます。そのうち、からだにも変化が訪れ、こってりとした夕食は控えようと思いますよ。

おすすめの記事