調理器具にもこだわりを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも使う調理器具で料理とダイエットのストレスを減らす!

今、油いらずで揚げ物が作れる「ノンフライヤー」や脂肪分をカットできる「ヘルシーオーブン」など、ヘルシー調理器が売れています。

でも、こうしたものをわざわざ買いそろえなくても、フッ素加工のフライパンがあれば、少量の油で調理できます。フッ素加工のなかでも、テフロン加工のフライパンは耐久性に欠けるので、長く使うことを考えると、ダイヤモンドコートのフライパンがおすすめ。

また、フライパンに深さがあると、揚げる、焼く、炒める、煮る、蒸すといった調理法が一つの鍋でできます。ガラスのふたがあれば調理過程も見えるので便利です。その他にも、シリコン容器やピーラーなどがあると、料理時間も短縮でき、作るストレスも軽減されます。

調味料を使う際は、計量カップやスプーンで量る習慣をつけましょう。見た目にもこだわって、おしゃれなキッチンツールを選ぶと料理も楽しくなりますよ! 

なかでも、ジョセフジョセフ、オクソ、ル・クルーゼなど、外国ブランドはカラフルで機能的な物が多いです。

おすすめの記事